「マグロマート」で「マグロアート」!?

「マグロマート」と言えば、中野で予約困難の超人気レストラン。マグロを様々な形で「カジュアルに楽しむ」をコンセプトに、見た目も味も抜群なのにコスパ良し、一度は訪れてみたいお店です。

そのマグロマートが、再再再移転で2019年7月に中野5丁目のふれあいロードにお引越しされたのでリサーチしてまいりました。

再再再移転と記しましたが、2011年に中野区弥生町にオープンしたのが始まりで、2012年に中野区新井の薬師あいロード沿いのビルの半地下へ移転、さらに2015年には新井1丁目に移転、そして2019年7月に現在のふれあいロードに移転という、実は中野区内で3度の移転をしていたのです。

今回はオーナーの尾坂さんにお話を聞くことが出来ましたので、まずはこの度々の移転について聞いてみました。

➖移転の理由としては、多くのご予約を頂くようになり、増床の必要性が出てきました。当初は10席程度だった席数が、約80名は入れるようになりました。また、自身や社員が中野区在住であることと、何より中野が好きなのでずっと中野で移転し続けています。

増床され、中野駅からも近くなったことで、より多くの方にマグロマートを楽しんで貰えるようになったのですね!最近は海外からの観光客も多く来店されるそうです。中野からマグロを世界に発信ですね!

引越前もオシャレな内装だったのですが、今回もまた素敵な空間に仕上がっており、コンセプトを聞いてみました。

➖今回は、マグロマートならぬ「マグロアート」というコンセプトです!笑    

自ら知り合いの伝手や、instagram で気になったアーティストさんに直接声をかけるなどして、全部で4名のアーティストさんに壁面に絵を描いて貰いました。殺風景だった壁が一気に賑やかになりました!

料理だけでなく、この絵も楽しんで頂けたらと思います。

その壁面の絵を一部ご紹介させていただきます!

作:YU SUDA

作:庄島歩音

作:hiroshi kawai

作:hiroshi kawai

作:hiroshi kawai

作:Keiko Ogawa

それぞれのアーティストさんがそれぞれ違うマグロを手掛けており、本当に素敵な空間ですね!
まさにマグロアート!来店された際は、食事だけでなく是非アートも楽しんでみてください。

続いて、メニューについてリサーチしてきました。

一番のオススメは、看板メニューの「マグロマート盛り」(880円/税抜)

で、ほぼ全員が頼むそうです。

他にも、生うにしょ(1380円/税抜 生雲丹と本マグロとを贅沢に濃厚に絡ませた名物メニュー)

や、本マグロ「中落ち(1880円/税抜)」(骨ごとドーンと提供)

などなど見た目も味も抜群のメニューばかりです。

個人的には、「うめほね」(480円/税抜)

というマグロとサメの軟骨を梅肉で和えたものがとっても美味しくて、エンドレスにチビチビ食べながらお酒を呑めるメニューです。

日本酒の種類も豊富で、どれも料理に合いそうですね!

お店の予約は1ヶ月前から受付可能で、お昼12時からの電話受付です。

超予約困難店の為、予約を取りたいのになかなか予約が取れない方へのメッセージを伺ったところ、

大体毎日、17:00、19:00、22:00のイメージで回転しており、比較的22:00からは入りやすかったり、人数も2名であれば席の確保がしやすい、との有力な情報をゲットして参りました!

是非、中野でマグロとマグロアートを楽しんでみてはいかがでしょうか!

最後にお店の外壁。オーナー尾坂さん一押しのアート作品です!

マグロマート
所在地 〒164-0001  東京都中野区中野5丁目50-3
電話番号 03-5942-8527
営業時間 17:00〜23:15

※ホームページはありません。

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。