中野「鷺宮」とイタリア「アブルッツォ」とを結ぶトラットリア

西武新宿線の「鷺ノ宮駅」北口を出て、中杉通りを右側に沿って北に少し歩くと、『トラットリア ジュリエーゼ ダ エンメ (trattoria Giuliese da emme)』があります。

ジュリエーゼのシェフの国分秀典さんは、イタリアのアブルッツォ州のお店で1年間修行しました。アブルッツォ州は、イタリア共和国の東側、アドリア海沿岸にある州です。そこを選んだきっかけは、イタリアに渡る前に働いていたお店の人がアブルッツォ州でお店をやっていたからとのことです。

ちなみに店名の”ジュリエーゼ”は、修行の地アブルッツォ州にある”ジューリアノーヴァ”という地名が由来しています。

ジュリエーゼではシェフの国分さんが修行したアブルッツォ州のワインや、練馬区石神井町にある姉妹店「オステリアエンメ」のオーナーが直接ワイナリーに足を運び仕入れた厳選熊本ワインまで、種類豊富なワイン・カクテルが50種類以上用意されています。

アブルッツォ州はワインの産地としても知られており、お店にはモンテプルチアーノ・ダブルッツォ、トレッピアーノ・ダブルッツォなどの有名ワインを置いています。また、修行時代シェフが手伝いに行っていたワイナリーのワインなども仕入れており、この辺りではジュリエーゼでしか味わえないようなワインも多数あって、どれを飲もうかセレクトに困ってしまうほどです。

中杉通りからは2つの看板が目にとまります

2019年11月2日に4周年を迎え、10月からランチメニューも一新されたフライヤーも看板にありました。

ランチメニュー

本日は、ランチメニュー「Aサラダランチ(1,200円/税込)」をいただきました。
先ずは「新鮮なお野菜のグリーンサラダ」です。ビーツの赤、ホウレン草のグリーンのドレッシングが目に鮮やかに飛び込んできます。野菜が新鮮で、そして甘味があります。

新鮮なお野菜のグリーンサラダ

今回は友人と訪れました。パスタまたはピザを選ぶことができます。本日のパスタからは「モッツアレッラとバジリコのトマトソース」を選びました。パスタはアルデンテで、食材の三位一体感が申し分ないです。

モッツアレッラとバジリコのトマトソース

ピッツァは、「マルゲリータ」を選びました。トマト・バジリコ・モッツァレラチーズというシンプルな具材で、ピッツァの基本、美味しさを存分に楽しめました。

マルゲリータ

パンは自家製とのことです。

自家製パン(一人一個です)

一緒に白ワイン(600円/税込)もいただきました。

食後には飲物がつきますが、やはり別腹のデザートがほしいので、追加オーダー(300円/税込)しました。

本日のデザートは ティラミス、ヘーゼルナッツのパンナコッタ、柿入りバニラアイス、リンゴのジュレ梨シャーベット、ココナッツをまとったホワイトチョコのムースの5種の石板の上に載った盛り合わせでした。

5種のデザート

鷺宮パニーニ(時価)

「鷺宮パニーニ」は、シェフがその日の気まぐれで創作する自家製パンを用いたパニーニです。
数に限りがあるので、お尋ねください。

また、お店ではアブルッツォ料理のイベントを不定期で開催しています。
シェフの国分さんは、2019年の3月に、ラクイラ地震 (2009年1月から4月にかけての地震)の復興のコンサート(ラクイナの大聖堂)のツアースタッフとしても参加され、 中野「鷺宮」とイタリア「アブルッツォ」とを結ぶ架け橋をされたそうです。

さらに、ジュリエーゼの店内にはアブルッツォ州の魅力を伝えるニュースレター、「アブルッツォ通信」もありますので、アブルッツォ州へ旅行を予定されている方にとっては貴重な情報源となります。
国分シェフもアブルッツォ州の魅力を熱く語ってくれます。

アブルッツォ通信

今回は、「中野区内にある駅」から区境を目指してのブラブラ散歩の「まるっと中野」のレポート(区境経由のブラブラ旅 その1 「都立家政駅~鷺ノ宮駅」)の際、帰りに偶然みつけたお店の紹介でした。

是非とも、休日や平日のランチやディナーで寄ってみて、アブルッツォの食卓をご賞味されては如何でしょうか。


レポーターは、Alohasnessでした。

 

トラットリア ジュリエーゼ ダ エンメ (trattoria Giuliese da emme)
住所 東京都中野区鷺宮3-33-4 大谷ビル 1F
電話番号 050-5594-3528
営業時間
11:30~14:00(L.O.) 
17:30~22:00(L.O.)
定休日/水曜日
アクセス
西武新宿線「鷺ノ宮駅」より徒歩3分(鷺ノ宮駅から238m)
西武池袋線「中村橋駅」より荻窪駅行き又は阿佐ヶ谷駅行きバスにて5分
「鷺宮四丁目」バス停下車徒歩2分です


★『トラットリア ジュリエーゼ ダ エンメ』さんの公式SNSはコチラ
フェイスブック https://www.facebook.com/trattoria.Giuliese/
ツイッター https://twitter.com/@giuliese_
インスタグラム https://www.instagram.com/giuliese_emme

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。