アツいぜ!東中野名物“鉄板麺”の店「大盛軒」

こんにちは!
秋が通り過ぎ冬が来ても、変わらない食欲を維持する区民レポーターのパパス中野です。

今回は東中野に店を構えて30年以上、地元の人から長年愛され親しまれている定食屋「大盛軒」を紹介したいと思います。

おおもり”けん。

…うーむ、お腹が育ち盛りの中年男性には、行く前からすでに嬉しい不安を持たせてくれる名前ですね。期待しましょう!

 

お店はJR東中野駅東口改札の階段を降りてすぐ目の前。
窓や立看板にはレギュラーメニューや日替わりメニューの情報が並べられていて目移りしてしまいそうですが、今回食べるものはお店に入る前から既に決まっています。

それはこのお店の代名詞ともいえる料理、「鉄板麺」!

この「鉄板麺」はTVや雑誌でしばしば取り上げられているほどの人気メニューで、多くのお客さんがこちらのメニュー目当てに連日お店を訪れています。


今日の私もそのうちの一人。
鉄板麺を食べずに大盛軒は語れないのです…!

 

というわけで早速注文してみましょう!

 

ドッ…ジュオオォォォォォ…!

ああああああちょっとみてください、この湯気!!

写真越しでも伝わると思います、アツアツの鉄板の上に乗せられた豚肉とキャベツがモウモウと勢いよく湯気を立ち上げています。まさに湯気のナイアガラ。お店中に広がるジュワァァという音も、実に食欲をそそりますね。

しかし、やはりというか、予想以上というか、料理のこのボリューム…!
メインの鉄板麺だけでもそれなりに量があるのに、トッピングに生卵とカリカリニンニク、そこに半ラーメンと、大きめお茶碗にドッカリ盛られたご飯にはお新香付きです。

多いってばよ!!

まさに“大盛”軒の名に恥じないボリュームです。

 

そしてこの鉄板麺、美味しい食べ方がテーブルの上に置いてあります。

①鍋の具の中央にくぼみをつける
②生卵を割り入れる
③カリカリニンニク、タバスコをドバ〜ッとかける(タバスコはお好みで)
④素早くかき混ぜる

これです!

お店が言うんだから間違いない。私もこの食べ方で食させていただきたいと思います!

 まずは真ん中にくぼみをつくり…

 そのくぼみに生卵を落とし…

カリカリニンニクをのせて…

混ぜたら…食べるっ!

ン・マ〜イ!

 

豚肉とキャベツというゴールデンコンビだけでも美味しいのに、スパイシーなカリカリニンニクのアクセントと、生卵のマイルドさ、そしてそれらを濃いめのタレが一つにまとめ上げるハーモニー…!

こいつはご飯がすすみます!
いや、単品だけでもどんどん食べられちゃうのですが、ご飯が一緒にあると、もう止まりません。
キャベツもシャキシャキだし、豚肉もジューシーだし!

タバスコは最初から入れてもいいし、後から追加してもいいと思います。

タバスコをかけても…

ン・マ〜イ!! です!

 

あと忘れちゃいけないのがラーメン。

濃いめの味付けの鉄板麺の合間合間に、あっさりとした中華ダシ風スープのラーメンを食べることで…これまた食が進みます。
存在感の強いやや太めの麺なのに、ツルツルと入ってしまう…。

麺はもちもち太麺タイプ

 最初は食べきれるか心配だったボリュームも、気がつけばあっという間にたいらげていました…!

 …ごちそうさまです!!

これで税込920円は満足度高し!ですね。

  

この大盛軒、名物「鉄板麺」以外にも様々なメニューがあり、こちらも人気です。
初めて訪れた方にはまずは「鉄板麺」を強くオススメしますが、2回目以降の人には是非色んなメニュー を試してもらいたいです。

鉄板麺以外にも色々なメニューがあります

しかしあっさり食べきってしまいましたが、やはりあのボリューム。
あとから満腹感がズイズイやってきます…!

 

鉄板麺 大盛り食べきり もう食えん 

 

区民レポーターパパス中野でした。

 

大盛軒(おおもりけん)
所在地 中野区東中野1丁目51−1
アクセス JR「東中野駅」東口改札より徒歩1分
営業時間 11:00〜22:30(年中無休)
電話 03-3371-5743

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。