ここがウィスキーの入り口?みんなが居心地よいお店!「お酒の美術館 中野店」

みなさんこんにちは!
区民レポーターのみけねこです!

今回ご紹介するのは去年12月14日にオープンしたばっかり!「お酒の美術館 中野店」です。
中野駅北口からサンモール商店街を奥へ進んでケーキ屋さんを右に入るとあります。

サンモール商店街から覗くとこんな感じ。奥に見える黒い看板が目印です。

とってもシックな雰囲気のこちらのお店がメインで扱っているのはウィスキーとのこと。
ハイボールのベースになってるお酒ですね!
ウィスキーが美術館とは一体どういうことなのか?
さっそく行ってみましょう!!

広い&きれい&明るい〜〜〜!!!

ガラスの自動ドアで店内も見えるので女性一人でも入りやすい雰囲気!
店内はカウンターとテーブルがある立ち飲みスタイル。
サッと入ってちょっと1杯、なんてできたらかっこいいですね。

壁にはたくさんボトルが並んでいます。
絵もかかっていて美術館っぽい。

絵は内装の飾りではなく作家さんからお借りしているもの。
定期的に入れ替えていくのだそうです。

本当に美術館みたい!
今日は何が見られるかな?と楽しみになります。

そしてお酒の美術館ではお酒も一期一会!
ヴィンテージのボトルが多く、飲みきってしまったらもう手に入らないお酒が多いのだそうです。

そんな珍しいお酒もほとんどが1杯500円(税込)で飲めます!
ウィスキーのほか、ブランデーもビールもカクテルもほとんど500円(税込)!
たくさんお酒が並んでいるので選び放題ですよ〜〜〜!!その数約400本!

中身の見えない変わった形のボトルも飲めます!

メニューに載ってないお酒もお店に並んでいるのは全てお店の方に「これが飲みたい」と声をかければOK。
お酒のジャケ買い(ジャケ飲み?)ができるなんて!

ウィスキーは蒸留酒。ワインなどの醸造酒と違いボトルの形状も自由自在にできるらしいです。
そのため中身が見えなかったり複雑で不思議な形のボトルもあるのだそうです。
素敵なボトルを見つけたら迷わずチャレンジしましょう!!!

たくさんお酒があるので選ぶのは難しい………
そんなあなたにまず飲んでほしいウィスキーがこれ!

その名も「中野」!!!

中野という名前のウィスキー
ではなく………
お酒の美術館中野店の「オリジナルブレンドウィスキー」

ウィスキーのオリジナルブレンド??

「ウィスキーというのは原酒をブレンドして作られているんですよ」
と教えていただきました。
ブレンダーというお酒を混ぜる職人さんもいるのだとか。

原料にするウィスキーはバーテンダー歴10年超というお酒のことは何でもおまかせの店長が選んでいます。
それを「中野」樽に詰めて熟成させているオリジナルブレンドウィスキーとのこと。
お酒の美術館中野店の味!ということですね!

そのオリジナルな味わいを生み出している
店長・小野寺さんに自慢のお酒を出してもらいました!

左から…
オリジナルウィスキー中野(ストレート)
ブランデー(ハイボール)★オーナーおすすめ!
カクテル(ホワイトレディ)★甘いお砂糖のスノースタイルアレンジ♡
この中ではショートカクテルのホワイトレディのみ700円(税込)になります。中野とブランデーハイボールは500円(税込)で飲めちゃいますよ♪

「中野」はストレートだとパンチがあります!
さまざまな要素の香りがフワーっと駆け巡ったあとの苦味!効きますね!

ブランデーハイボールは苦味も少なくとっても飲みやすい♡
ぶどうから作られるブランデーの華やかな香りが炭酸に乗って弾けます!

お砂糖のスノースタイルは初めて飲みました〜!
爽やかな味わいのホワイトレディとすごく合います!!

店長の小野寺さん。お酒に迷ったらこの人に!ごちそうさまでした♪

ウィスキーのみならずブランデーやカクテルもたくさんあって迷います!
そしてビールの味にも自信あり!!!
毎日部品を分解洗浄しておいしさを保っているのだとか……こだわりですね!

ノンアルコールカクテル、ソフトドリンクも豊富に用意されています。
お酒が飲める人も飲めない人も歓迎してくれる素敵なお店です!

もっといろいろな人に来てほしい!というお店の思いが伝わる設備がこちら!

車椅子対応テーブル!

実は………
写真に写っているふたつのテーブルはまったく同じものです。
なんと、高さをその場で調整できるんです!!!

車椅子の方に限らずテーブルが届かない方は
お店の方が調整してくれるので遠慮なく声をかけてください!

さらに要チェックなのはこちら!

コンセントも使えます!

おもてなし精神がすごい!!!

お店は中野駅から歩いて2分。
営業も15時〜24時と長めです。
待ち合わせに早く着きすぎたときも
もうちょっと飲みたいときも
スマホの電池が空っぽなときも
いつでも来てしまいますね。

いつでも誰でも来てほしい!と素敵なお店を作ってしまったオーナーさん。
実は「中野にお店を!」と最初から強い思いがあったわけではないそうです。

お酒の美術館を新しく出店することになったオーナーさんがまず行ったのがリサーチ。
関東のあちこちのバーに行って行って行って
飲んだバーは80店舗以上!

そして「中野にはウィスキーが充実してるバーが多い」と発見したそう。
「だから中野にはウィスキーが好きな人がたくさんいるに違いない!」
と、中野に出店することを決めたのでした。

いつでも誰でもおいしく楽しんでほしいから、ウィスキーだけに限定せずさまざまなメニューが用意されているそうです。
店長の小野寺さん(アニメジャズバンドのドラマー)を始めとした
スタッフたちの個性が活きるお店でもあります。

こんなに素敵なお店ですが「まだまだ助走期間です!」ともおっしゃっていました。

お酒のラインナップや展示している絵が入れ替わるだけでなく
内装や入り口周りももっと変えていきたいし
おもしろそうなことはどんどん取り入れていくのだそうです。

この先お酒の美術館中野店がどうなっていくのか楽しみ!
現在もとても居心地のよいお店なので会社帰りのおひとり様も親御さんと一緒の小さなお嬢さんも
賑やかなグループもすぐ近くの同じ商店街の人もみんな気軽に訪れているそう。

ぜひみなさんに注目してほしいお店です!

お酒もおいしかった〜!
ありがとうございました♡

 

お酒の美術館 中野店
所在地 中野区中野5-60-10 レコルト中野1F
アクセス JR中央線「中野」駅 北口から徒歩2分
営業時間 15:00〜24:00 年中無休
電話 03-5942-9155
ホームページ https://osakeno-museum.com/
公式SNS facebook
     Twitter
     Instagram
     トリップアドバイザー
★英語、中国語のメニュー表が用意されています。
★店内禁煙

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。