絶品!中華料理と紹興酒「鉄板中華 仁」

中野駅北口から徒歩5分、ずっと気になっていたお店があります。

その名も「鉄板中華 仁」。

中華料理なのは分かるのですが「鉄板中華」とは!?

仕事の同僚達との食事会があり、遂に訪問する事が出来ました。
当日は、6名で個室を予約。

店内に入ると、カウンター席とテーブル席、そして奥に個室があります。

中華料理と言えば「中華鍋を振りながら」のイメージですが、こちらのお店では鉄板で作られます。
鉄板で作られる中華料理、楽しみでなりません。

料理人は店長さんのみの為、基本的にはコース料理のみ(気仙沼産フカヒレの煮込み入り桂花コース全7種 6,600円(税込)、気仙沼産フカヒレや黒毛和牛が入った一番人気の牡丹コース 9,350円(税込)他)となるそうです。ちなみに当日は、お酒をたくさん飲むメンバーであることを店長さんに事前に相談させて頂き、通常コースと少し違う内容にして頂いております。予約時に色々と相談に乗って頂けたのは幹事として大変有り難かったです。

まずは前菜の登場です。色合いも綺麗でホタテや白魚などどれをとっても美味!
前菜で、すっかり胃袋を掴まれてしまいました。

ちなみにお酒は、前菜の時点で既に2杯目のビールを頂いております。

次に出てきたのは、ブリの中華風。
口の中でとろけるほど柔らかいブリでこちらも美味しい!と全員口を揃えていました。

次のお酒をお願いしようとしたところ、店長さんから「美味しい無濾過の紹興酒がありますよ!」との事で、早速お願いしました。

紹興酒と言えば薬感が強いイメージなのですが、こちらの紹興酒はスッキリとかなり飲みやすく上品な味わい。美味しい中華料理とベストマッチです。ワイングラスで頂くのもなんだか素敵です。

次のお料理は、鶏肉とお野菜の中華炒めです。
鉄板の上で炒めた効果なのでしょうか、余計な油を感じさせず鶏肉も柔らかくてこちらも美味しい!
普段はお酒メインのおじさま方も、現状全て完食しております。

更に紹興酒が進みます。

次に出てきたのは、麻婆豆腐。
辛さは事前に確認してくださったので、辛いもの好きの私は辛くしてください、とお願いしました。リクエストどおり山椒が効いていて辛いのですが旨味もありとても好みのお味でした!

最後、鉄板と相性が良さそうな炒飯が登場!だったのですが、写真を撮り忘れました(涙
レタス炒飯だったのですが、こちらも本当に美味でした。

既に紹興酒4本空けていましたが、炒飯中にラストスパート、追加でもう1本行かせて頂きました。

美味なお料理と紹興酒でとても幸せになれました!

次回は10〜12月限定の上海蟹や、フカヒレや伊勢海老のエビチリなど、食べてみたいお料理が他にもありますので、また訪れたいと思います。

ご馳走様でした!

鉄板中華 仁
所在地 東京都中野区中野5-46-2 MSIプレイス1階
電話番号 03-3388-4597
営業時間
11:30〜14:00(ランチ営業は平日のみ)
17:00〜22:30(最終入店)
定休日 水曜日

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。