中央アジアのふるさとの味。ハラルも対応している「ヴァタニム」

「ヴァタニム」は中央アジア料理の専門店。キルギス出身のシェフが作るキルギス、アフガニスタン、トルクメニスタンなど地域一帯の本格的な料理を楽しめます。2020年3月に高田馬場から現在の中野区新井に移転して、ゆったり広いお店になりました。

VATANIM(ヴァタニム)外観

「VATANIM」という店名には「ふるさと」の意味があるそうで「中央アジア出身の人のふるさとのように思ってもらえるお店になりたい」という思いがこめられています。現地出身の方にも安心して食事を楽しんでもらえるハラル料理店でもあります。

カーテンでゆるく仕切られた小上がりの座敷席もあります

実際に中央アジア出身のお客さんも多く、懐かしい故郷の味を楽しんでいかれるそうです。取材日にも座敷で食事を楽しむ姿がありました。

日本人にも人気の麺料理「ラグモン」(1,350円/税別)野菜たっぷり!

そんな本格的なメニューの中で日本人に特に人気があるのは「ラグモン」という麺料理。
真っ赤な見た目に反して辛さはまったくなく、じっくり煮込んだ野菜の味わいが手打ちのもちもち麺に絡みます。具材も野菜がたっぷり、白菜やいんげん、パプリカ、じゃがいもなどたくさん野菜を食べられます。

手打ちの麺はもちもち

別添えでいただける辛味調味料「ラーズ」はピリリと軽やかな辛さ。お好みで足してください

ピリッとひと味加えたいときは辛味調味料「ラーズ」を出していただけます。ラーズもお店自家製!ピリリと確かな辛味がありますが味わいは軽やかでもっちりした麺とやさしい野菜の味わいにアクセントが加わりました。

特製アイス「ヴァタニム」(500円/税別)

デザートにはお店と同じ「ヴァタニム」という名前の特製アイスがおすすめ。発酵させて作る乳製品・スメターナにドライフルーツとナッツを練り込んで冷やし固めたオリジナルデザートとのこと。ひんやりと固い作りですが、具がたっぷり入っているためほろほろと崩れやすい一面も。ベリーやいちじくといったフルーツ、ナッツのアクセントとなめらかなスメターナの食感も楽しいデザートです。

カラフルな雑貨コーナー

食事を楽しむほか、中央アジアやロシアの雑貨も販売しています。また、期間限定でトルコ料理を提供するなど、ヴァタニムの楽しみはどんどん広がっています。

真っ赤な壁が異国情緒を感じさせるヴァタニムは、現地のおうちにお邪魔したようにリラックスして過ごせる空間です。中野区の真ん中で中央アジアの本格的な味を楽しんでみませんか。

VATANIM ヴァタニム
所在地 中野区新井1-36-9
アクセス 西武新宿線「新井薬師前駅」から徒歩7分
営業時間 平日 11:00〜15:00、17:00〜24:00
     土日祝 11:00〜24:00
定休日 月曜日※祝日の場合は月曜日も営業します
電話 03-6454-0689
★フェイスブックはこちら。新メニューなどを掲載しています。

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。