角打ちスペースで飲食も楽しめるワインショップ「フジコニシ」

お店はマンションの2階。1階のエントランスにある看板が目印です。

東京メトロ丸ノ内線「中野坂上駅」から徒歩2分、青梅街道沿いにある「Wine Cave フジコニシ」はマンションの2階にお店を構える老舗のワインショップです。お店があるマンションはオートロックのため、インターホンを押してからドアをくぐります。

インターホンを押して、2階へ上がります。

フジコニシでは、店内に併設された“角打ちスペース”でお酒や軽食が楽しめるのが特徴です。角打ちとは、酒屋の店内でその酒屋で買った酒を飲むこと。店内で取り扱っている一部のワインを気軽に堪能することができます。

新入荷ワインやお店のおすすめワインを、“有料試飲”という形で実際に飲んでから購入できるのは嬉しいですよね。

店内中央に置かれたカウンターが角打ちスペース。

お店おすすめのワインをお伺いしたところ、「ピエール=オリヴィエ・ボノーム/ヴァンクール・ヴァンキュ ルージュ2019(グラス800円/税込)」(フランス・ロワール/ガメイ・カベルネフラン)と「藤野ワイナリー/バッカス2017(グラス900円/税込)」(北海道/バッカス)の2本を紹介していただきました。

「ヴァンクール・ヴァンキュ ルージュ2019」はジューシーな果実味と芳醇さを持ちながらも、柔らかいの飲み口でとても飲みやすい一杯。「バッカス2017」は、さわやかなマスカットやアプリコットのような香り、蜂蜜やレーズンを思わせる厚みのある味わいに心地よい酸が余韻をもたらしてくれる白ワインです。

角打ちで実際に味を確かめて気に入ったら、ボトルを購入して自宅でゆっくり堪能してみてはいかがでしょうか。

おすすめしていただいたワイン2種類。

角打ちスペースではワインと一緒に楽しめる軽食も用意されています。

「フランス産そら豆のソテー パルミジャーノかけ」(800円/税込)

パルミジャーノ(イタリアを代表するチーズのひとつ)の塩味で皮ごと食べられ、そら豆の滋味が味わえる「フランス産そら豆のソテー パルミジャーノかけ」は、旨味の強いオレンジワイン(白ワイン用のぶどうを、皮やタネごと醸したもの)と合わせるのがオススメ。

名前通りの真っ黒な見た目もインパクトあり!「ブーダンノワール」(1000円/税込)

世界一と称賛されたフランスの伝統的なソーセージ“ブーダンノワール”の缶詰をカリッとソテーした「ブーダンノワール」は、赤ワイン全般と合うとのこと。ブーダンノワールひと口でワイン1杯飲めるほど、ワイン泥棒な一品です。ぜひワインとセットでご賞味ください!

店内のメニューボード。ワインと、ワインに合うおつまみが楽しめます。

フジコニシは基本ワインショップですが、ワインと料理が味わえるため、隠れ家バーのような形でご利用される方も多いとのこと。また、オンラインストアも展開中ですので、ワイン好きの方や興味がある方は、こちらもチェックしてみてください! 駅からのアクセスがいいのもポイントです。

店内に並べられたワイン。奥には温度管理されたワインセラーも。

Wine Cave フジコニシ
所在地 中野区中央2-2-9 201
アクセス 東京メトロ丸ノ内線「中野坂上駅」から徒歩2分
電話番号 03-3365-2244
営業時間 12:00〜21:00
定休日 日曜日
★お店のホームページはコチラ

※営業時間は変更になる場合があります。

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。