デカ盛りローストビーフ丼が人気!山田調味料研究所(たこ焼き酒場もんもん)

西武新宿線「都立家政駅」北口から徒歩4分、都立家政商店街の新青梅街道にほど近い場所にある、白い軒先テントが目印の「たこ焼き酒場もんもん」。超大盛りのローストビーフ丼が話題を呼んでいるお店です。
(取材時は白い軒先テントに「たこ焼き酒場もんもん」ですが、今後は「山田調味料研究所」に変更予定)

メニュー看板の片面には、「総重量1kg以上!」の文字とともに、ローストビーフ丼の写真が大きく貼り出されています。反対側には、ローストビーフ丼の他にも、5種類の丼もの「炙り鴨ロース丼」「タンカルビ丼」「鬼辛とりづくし丼」「牛スジ牛丼」「ぼんじり丼」(各600円/税込)の写真も載っています。

2017年にオープンした当初は、たこ焼きが食べられる居酒屋として営業していましたが、その後さまざまなメニューを提供していく中で、オリジナルの醤油だれをつかった「ローストビーフ丼」が人気となり、今では丼メインのメニューとなっています。

お店には常時8〜10種類の丼ものが用意されています

お店の中は、昭和をイメージさせるレトロな雰囲気。テーブル席の他にカウンター席もあり、おひとり様でも気軽に立ち寄ることができます。

もんもんの看板メニュー「ローストビーフ丼」のサイズは、3種類(並盛800円/税込、中盛1000円/税込、大盛1200円/税込)あります。今回注文したのは、その中で一番ボリュームのある「大盛」。
こちらをご覧ください。天高く積み重なった、これぞまさに“ローストビーフの山”です!
丼を持ち上げると、これまたビックリ。ずっしりと見た目以上の重さが伝わってきます。

ローストビーフ丼(大盛1200円/税込)

どこから食べればよいか悩んでしまいますが、まずは頂上から1枚ずつはがして食べていきます。肉は一般的なローストビーフよりもやや厚めに切ってあり、食べごたえがあります。それでいてやわらかくジューシー、甘辛いソースとの相性も抜群で、どんどん食が進みます。
トッピングにマヨネーズ、きざみネギ、生卵がついていて、味の変化を楽しむこともできます。

失敗しらずの甘露 醤油だれ500ml(980円/税込)

お店で使用しているオリジナルのタレは「失敗しらずの甘露 醤油だれ」。出汁入りの少し甘口の醤油だれで、ローストビーフの旨味を引き立ててくれます。こちらはお店での販売だけでなく通信販売もしていて、TVやネットで紹介されるほどの人気商品。使い方は様々で、チャーハンやパスタ、豚の角煮などの味付けにも抜群です。

鬼辛 とりづくし丼(600円/税込)

このオリジナルのタレに辛さを加え、鶏肉にたっぷりからめたものが「鬼辛 とりづくし丼」。鬼辛の名前の通り、激辛メニューですが、「この辛さがクセになる」というリピーターも。辛いものが好きな方はぜひ試してみてください。

味よしボリュームよし、コストパフォーマンス抜群の人気メニューがたくさんある「たこ焼き酒場もんもん」。「お客様にできることを全力で」がモットーです!

たこ焼き酒場もんもん
所在地 中野区鷺宮1-30-13
電話番号 070-2276-0101
営業時間 11:30~21:00 (L.O. 20:00)
定休日 木・日
アクセス 西武新宿線「都立家政駅」より徒歩4分

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。