絶品”おうち風”カレー屋さん「カレーや うえの」

「日本の家庭で作るようなカレーを出すカレー専門店というのはなかったので、できないかなと思って」というフロンティア精神に溢れたコンセプトで早10年、“おうち風”をベースに美味しいカレーを出し続けているのが、西武新宿線鷺ノ宮駅近くにある「カレーや うえの」です。

じゃがいもなどの野菜がごろごろ入った“おうち風”、「鶏野菜カレー(700円/税込)」

とろみのある深いブラウンのルーに、ごろごろと入った具材たち。
確かに見た目は家で作られるようなカレーの姿ですが、一口食べればその複雑な味わいに目を見張ります。

「カレーやうえの」ではそんな“おうち風カレー”をベースにして、家ではちょっと真似しにくい「炙りチーズ」をトッピングしたカレーなど、専門店ならではのメニューも楽しむこともできます。

なすとチキンのあぶりチーズカレー(サラダ付き・850円/税込)

写真は「なすとチキンのあぶりチーズカレー」(サラダ付き・850円/税込)。ピリッとスパイシーなルーはほどよい辛さ。野菜のエッセンスを感じる甘みとスパイスが重なり合う、大人の味わいです。
なすは色艶も目に楽しく、果肉が柔らかくふわふわで香り高く仕上げられています。炙られたチーズの食感と立ち上る匂いはカレーにも負けていません。

カレーの具材はひとつずつ、個別に仕込みを行っているとのこと。「なすとチキンのあぶりチーズカレー」の場合、チキンは下味をつけた生肉をスタンバイしておき、注文が入ってからルーと合わせて火を入れます。煮込みすぎないようにし、大きさが残る柔らか食感に。
なすは素揚げにしていますが、揚げたあと洋風だしにくぐらせて油を落としているとのこと。焼いているのでは? と思うほど油っぽさがなく、揚げたとは信じられないような食感でした。

「胃に残らず、記憶に残る料理を出したい」という思いから、うえののカレーは最小限の油で作られています。実際、しっかりと量もあり食べ応え十分ですが、重たく感じることはありませんでした。
そのほかのメニューも同様に食材の特性に合わせて別々に下準備をしています。野菜は分けて仕込み、揚げ物は注文を聞いてから衣をつけて揚げたあと徹底的に油を落とし、ひとつずつおいしく仕上げた具材をカレーと合わせて完成させています。

具材はトッピングで追加もできます

辛い方が好きな方のために追加用スパイスも

トッピングの追加やご飯の大盛りなども対応しています。逆に、ご飯を減らしたいなどのリクエストもOK。辛い方が好みであれば、追加用のスパイスを振りかけてください。
お客さんのリクエストを聞いていたら、メニューが増えてしまったのだそう。いろいろなメニューを注文するお客さんもいれば同じメニューを頼み続ける人もいて、いろんな人が訪れていることを実感するそうです。

カレーはすべてサラダ付き。ランチにはお得なカレーがピックアップされています。店主が一人で切り盛りするお店のためセルフサービス制ですが、店内も広くゆっくりカレーを食べられます。
「カレーや うえの」の絶品”おうちカレー”。丁寧に作られたカレーは毎日食べられそうな軽やかな食べ心地です。ぜひ味わってみてください。

 

カレーや うえの
所在地 中野区白鷺3-1-1 2F
アクセス 西武新宿線「鷺ノ宮」駅から徒歩2分
営業時間
月〜土/ランチ11:30〜14:30、ディナー18:00〜21:00
祝日/ランチ12:00〜14:30、ディナー18:00〜
※ライスがなくなったら営業終了
定休日 日曜日

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。