コショウがきいてとってもスパイシー!「魔女の一撃カレー」

2020年5月にオープンしたカレー専門店「魔女の一撃カレー」は、東京メトロ丸ノ内線「中野坂上駅」から徒歩2分の閑静な住宅街の中にあります。

お店のマスターは昔から大のカレー好きで、国内だけでなく、海外でも様々なカレーを食べ歩きしたそうです。そうして得た知見を元に美味しいカレーについての研究をはじめ、最終的に自分が納得するカレーを多くの人に提供したいと思い、お店を開いたのだそうです。

店内は、カウンターが6席とこぢんまりとしたスペースですが、爽やかなターコイズブルーの壁紙や装飾が「暑さ」「南国」「海外」を想起させ、“辛い”カレーを味わうのにぴったりな雰囲気となっています。

お店のマスターは、開店するにあたりもともとこれくらいのスペースでお店を探していたとのこと。また、中野坂上駅周辺は学生やサラリーマンも多く、とてもにぎやかなこの土地が気に入り、この物件を選んだのだそうです。

コショウがきいた「魔女の一撃 スパイスチキンカレー」650円(税込)

こちらのお店の看板メニューは、店名にもなっている「魔女の一撃 スパイスチキンカレー」。コショウをたっぷりきかせてあり、他にも10数種類のスパイスを調合している、マスター自慢の一品です。“コショウ”と聞くと舌がピリっとする程度を想像するかもしれませんが、実際は額に汗がにじみ体中が熱くなるほどの本格的な辛さです。トッピングの「コーン」「牛しゃぶ」「たまご」といった追加メニューで辛さを抑えることもできますよ。ルーの中のチキンは細かく割かれており、全体的に口当たり柔らかな食感となっています。

トッピングも色々あります

トッピング追加でボリュームも満点!

「魔女の一撃カレー」は、ルーは毎日朝からその日使う分だけを手作りしているため、ルーが無くなり次第販売終了となります。 ランチタイムは近くのサラリーマンや学生たちが列を作って並んでいるほどの人気店なので、確実に食べたい方は早めに並ぶことをおすすめします。

またテイクアウトやUber Eats(ウーバーイーツ)にも対応しているので、お家で食べることもできます。

サイドメニューのサラダメニューは定期的に入れ替わります

 

魔女の一撃カレー
所在地 中野区本町2-47-3
アクセス 東京メトロ丸ノ内線「中野坂上駅」より徒歩2分
営業時間 11:30〜15:30/17:30〜19:30
定休日 日曜日

★公式Twitterはコチラ

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。