デカ盛り! 昔懐かしの中華が楽しめるラーメン哲ちゃん

中野区の北部には、一万七千坪の広大な敷地を有する区を代表する公園「哲学堂公園」があります。その目と鼻の先にあるのが、昔ながらの中華料理が味わえる「ラーメン哲ちゃん」。「哲学堂公園」沿いを通る中野通りと新青梅街道。この2つの通りがぶつかるT字路の黄色い看板が目印のお店です。

「ラーメン哲ちゃん」は“デカ盛り”メニューでも有名なお店で、古き良き昭和の味とボリュームたっぷりのメニューが多くの人から愛されています。

黄色い看板が目印。中野通りと新青梅街道の交差点にある「ラーメン哲ちゃん」

店内はカウンター10席とテーブル席が2つ。メニューはラーメンやチャーハンといった定番中華をはじめ、生姜焼き定食、レバニラいため定食、きくらげ玉子いため定食、マーボー豆腐といった定食ものが充実しています。訪れた平日のランチタイムも客足が絶えず、満席に近い状態が常に続いていました。

デカ盛りメニューで人気のお店からか男性のお客さんが中心でしたが、ママ友ペアや新聞を読みながら食事を楽しむ地元のおじいさん、若いカップルなど客層も様々。メニュー表やラジオ、ダイヤル式の電話など、昭和テイストあふれる店内で過ごす時間は、令和の時代に昭和を感じられるタイムスリップ感も楽しめます。

どれを食べるか悩んでしまうメニューがずらり! 昭和の雰囲気が漂う店内も、なんだか懐かしい。

 

カウンター席からは黙々と調理をするマスターの姿が見えます。料理を待っている間は、中華鍋とお玉を動かす手捌きの良さや音、料理の匂いも楽しむといいかもしれません。次々と出来上がる料理を見ているだけで「あれも食べたい」「あ、こっちも食べてみたい!」などと、早くも次回来店したくなりました。

今回、注文したのは「マーボー豆腐定食」(800円/税込)。定食にはライスとスープがセットでついてきます。驚くのはライスのボリューム(もちろんマーボー豆腐もですが)! 写真はメガ盛りでも大盛りでもなく、普通のサイズです(驚)。なので、女性の方は半ライスくらいでもいいかもしれませんね。

ライスの量に驚き! マーボー豆腐定食(800円/税込)

 

もちろん、メインのマーボー豆腐も絶品でした。最近では花椒などを使用した麻辣味のマーボー豆腐が人気ですが、こちらは懐かしの味。辛すぎずコクのある味付けで、ご飯との相性はバッチリ。あんなに山盛りだったライスも、あっという間に量が減っていってしまいました(卓上にある、無料サービスのピリ辛ナムルもご飯が進みます)。

「ラーメン哲ちゃん」の目の前は「哲学堂公園」です。園内には、哲学に由来するユニークな名前の建物や石造物、通路などが77箇所点在しています。哲学の思想と世界観を垣間見ながら、のんびり散策を楽しんだ後に立ち寄るのもおすすめです。いっぱい歩いたあとは、ボリュームたっぷりの中華料理で決まり!

中華定食「ラーメン哲ちゃん」

住所 中野区松が丘2−32−18
電話番号 03ー3950ー2425
営業時間 11:00〜22:00
定休日 日曜・祝祭日

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事公開当時のものです。