“全国一位”の称号を持つラーメン!恵比寿らぁ麺屋「つなぎ」 中野店

 

こんにちは!
「三度の飯より麺が好き」
麺に目がない区民レポーターのパパス中野です。

今回は2019年11月22日に中野ブロードウェイ近く、早稲田通り沿いにオープンしたラーメン店「恵比寿らぁ麺屋 つなぎ 中野店」に行ってきました!

恵比寿らぁ麺屋「つなぎ」 中野店 外観

お店の前にあるタペストリーには「最強の次世代ラーメン決定戦 “次世代部門” 全国一位!」と大きく打ち出されています。
これはメニューをみる前から期待しちゃいますね…!
それではお店に入って注文をしてみましょう。

メニューは本店の恵比寿店と同じく3つのラーメンが軸

お店のメニューは「味噌ラーメン」「辛味噌ラーメン」「カレーラーメン」が基本の三本柱。
これは本店の恵比寿店と同じみたいです。

「つなぎ」の基本の三本柱メニュー

他にもラーメンには欠かせない餃子やビール、トッピングメニューも豊富。

 自由にトッピング可能!

うーん、どれを頼もうか悩みますが…

ここはやはり基本の味噌ラーメンでしょう!
そしてつなぎスペシャル、略して「つなスペ」!
これを頼まずして、ラーメン好きは名乗れません。

券売機での購入ですが心の中で叫びます、「つなスペ味噌ラーメン いっちょうーっ!」

では席について食券を定員さんに渡してしばし待つとしましょう。

「つなぎ」店内の様子

やさしい電球色の灯りと全体をウッド調で統一した「つなぎ」の店内は、モダンながらもどこか懐かしい、そんな雰囲気の居心地のいい空間となっています。席はカウンターの他にテーブル席もあり、一人でも複数人でも訪れやすいですね。…まったり…。

そしてラーメンをまったり待つこと数分、「つなスペ 味噌ラーメン」が運ばれてきました。

待ってましたヨ!

「つなスペ味噌ラーメン」(970円/税込)

ふわっと香りたつ芳醇な味噌の香りが食欲をかきたてます…!早速いただきましょう!

まずはスープをひと口…

美味い…!

背脂のたっぷりきいた非常に濃厚な味噌スープですが、全くクドくありません…!

続いて麺を… 

麺をクチに運ぶとこちらにも驚き!
歯ごたえがしっかりある太麺で、本当にモッチモチ…!

シャキシャキのもやしも美味しいし、とろっとろのチャーシューも絶品。

この美味しさの秘密が気になり思わずお店の人に尋ねてみると、その日中野店に来ていた「らぁ麺屋 つなぎ」代表の高橋氏にお話を聞かせてもらうことができました!

 

まずは非常にこだわって作られた濃厚味噌スープ。
熟成黒味噌をはじめ、仙台味噌などを厳選した6種類の味噌をブレンドし、その季節に最適な国産にんにくなど8種類の香味を調合して、国産豚骨でじっくりと出汁を取り約15時間煮込んだスープを使用しているそう。

スープに入っている背脂にもこだわりが。
背脂というと脂っこくてスープに沢山入っていると胃もたれしそうなイメージですが、つなぎでは厳選した背脂の不純物を取り除いた高純度・高品質の背脂を使用しているとのことで濃厚なのに後味スッキリ。全くクドさがなかったのはそういう理由からだったんですね。

そして濃厚味噌スープに合うように厳選した相性抜群の中太麺は自家工場で生産。
タピオカ粉を混ぜ込んであり、これがもちもちした歯ごたえを生み出し、濃厚な味噌スープにまけない存在感を作り出しています。

他にもホロリと崩れるトロトロチャーシューや煮卵は店内仕込み、シャキシャキしたもやしは新鮮な湧き水で育てられた日光産のものを毎朝お店に直送しているとのこと。

毎朝日光から直送のシャキシャキもやし

自家製の煮卵も絶品!

これだけスープや具材にこだわりがあるラーメン、美味しくないはずがない!

ペロリと完食してしまいました!

 

うーん、これは常連になってしまいますね。

中野はラーメン店が多いと思いますが、その中でもお気に入りのお店のひとつとなりました。

 

ごちそうさまでした!

「つなぎ」中野店 店長浜崎さん(右)とスタッフの岩井さん(左)。お店の前で

 

恵比寿らぁ麺屋「つなぎ」 中野店
所在地 中野区中野5丁目49−7
営業時間 11:30〜23:00(スープがなくなり次第終了)
定休日 無休
電話 03-5343-7996
アクセス JR「中野駅」から徒歩8分

★公式サイトはコチラ

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。