こってりだけじゃない!好みの味のラーメンを楽しもう!「無鉄砲」

お店の数だけ“味”があるラーメン屋さん。
好みの味は人ぞれぞれですよね。

ですがスープの方向性においては「あっさり」か「こってり」かで勢力は大きく2つに分かれます。

その「こってり」ラーメンの有名店としてここ中野で人気があるのが、西武新宿線「沼袋駅」から徒歩8分の場所にある「無鉄砲 東京中野店」。

もともとは関西発祥のお店で、一号店が奈良県にオープンしたのが1998年。それから関西を中心に少しずつ店舗が増えていき、2010年に「無鉄砲 東京中野店」がオープンしました。

「無鉄砲」は、巷ではこってりラーメンで有名なお店。
日清食品から発売された「無鉄砲 濃厚豚骨ラーメン」をコンビニなどで見かけたことがある方もいると思います。

東京中野店も、オープンしたその年には「TRY(東京ラーメン・オブ・ザ・イヤー)」“新店舗部門”で大賞、その後も4年間“とんこつ部門”で4年連続大賞に選ばれるなど、とんこつラーメンの人気店としての実績を誇ります。

その自慢のとんこつラーメンを味わうべく、早速のれんをくぐってみました。

 

黒のレイアウトでシックに決まった店内を照らすのは、ちょっとレトロな裸電球。この「THE・ラーメン屋」といった雰囲気がラーメン好きの心を早くも踊らせますね。

壁にはお店を訪れたタレントさんたちの色紙が張り出されています

券売機を見てみると、お店の基本メニューが3種類あることがわかります。

「とんこつラーメン」に「魚正油ラーメン」、そしてこの2つを組み合わせた「Wスープラーメン」。

一番人気のとんこつラーメンのスープは、なんと約300kgの豚骨から作られています。この大量の骨を高火力によって髄が溶けるまで煮込むことで、「無鉄砲」独特のコラーゲンをたっぷり含んだ濃厚なスープが生まれるとのことです。

これを聞いてしまっては、まずは食べてみないと話が進みません。
というわけで今回は「とんこつラーメン」を注文!さらに「こってり」でお願いしてみます。
ここは麺の硬さだけでなく背脂の量やネギの量など、注文する人の好みに合わせて様々なアレンジができるんです。

とんこつラーメンを注文し待つこと数分…。

卓上に運ばれてきました!「背脂」がた〜っぷり乗った「無鉄砲とんこつラーメン・こってり」が!!

とんこつラーメン・こってり追加(800円/税込)

これは見た目からして、もう既に「こってり」ですね!
しかし一般的に想像する「とんこつ」の白濁したスープとは違い、こちらのスープは茶褐色となっています。

ではさっそく、いただいてみましょう。

どのような味がするのか…はやる気持ちを抑えながらまずはレンゲでスープをすくってみます。
するとレンゲ越しから伝わってくる「こってり」感。これはなかなか食欲をそそってきます。

まずスープを一口…。約300kgもの豚骨から作り出されたベースにタレを加えることで出来上がるスープはまさに「濃厚味」そのもの!奥の深い味わいが、口の中に広がっていきます。これは美味しい!

「無鉄砲」で使用されている「麺」やスープの素となる「豚骨」、そしてタレとなる「正油」などは全て九州産ということ。これは代表の赤迫さんが、九州でラーメンの修行をしていたことと関係があります。無鉄砲の味が生まれた過程において「九州の素材」は必要不可欠。だからこそ九州産素材には強くこだわり、それが「無鉄砲」の濃厚で一体感のある味を作り出しているんですね。

そして麺は中太のちぢれ麺、そして自家製チャーシューは薄切り仕様となっているのにも理由があり、これはこってりとしたスープとよく絡み合い、味わいをより深めるためだそう。こういった工夫は全て「無鉄砲のラーメンをスープを飲みきるくらいの気持ちで味わってほしい」という赤迫さんの思いからきています。

ただ「無鉄砲」では、この「とんこつラーメン」の味を必ずしもそのまま味わってほしいとは思っていないのだそうです。事実、無鉄砲の「とんこつラーメン」は「あっさり」〜「超こってり」まで自由に選べます。

これについて赤迫さんは「無鉄砲は『こってり』ラーメンが有名ですし自慢ではありますが、あっさりが好きな人にもラーメンを食べてもらいたい。だからスープについてもかなり自由にアレンジして注文できるようにしています。100人いたら100人の好みがあるわけですし、お客さんの好みにできるだけ寄り添いたいんです。その人その人、その時その時に味わいたい、美味しいラーメンを提供したいという気持ちがベースにあります。」と語ってくれます。

無鉄砲のラーメンは「とんこつラーメン」のほかに、全く違う魚だしを主とした和風スープの「魚正油ラーメン」があります。

魚正油ラーメン(800円/税込)

こちらは大量の野菜(玉ねぎ、ニンニク、人参等)や豚ガラ、とび魚、煮干し、さば、昆布等の海の幸をたくさん使っただしになっております。こちらは「とんこつラーメン」と違った美味しさ!!あっさりがお好みの方にオススメです。

そしてこの「魚正油ラーメン」と「とんこつラーメン」を組み合わせたのが「Wスープラーメン」。

Wスープラーメン(800円/税込)

基本「とんこつスープ」6に対し、「魚正油スープ」が4の比率で作られていますが、この比率は自由に変更できます。

背脂やネギの量もお好みで変更、さらにそれに加えて卓上に置いてある様々な薬味を使えば、味はまさに千差万別!その人の好みのラーメンを食べることができるわけです。
このあたりにも「無鉄砲」のラーメンに対する「その人の好みの味を味わってほしい」といった思いがあらわれていますね。

卓上においてある様々な薬味(左上から時計回りにすりごま、紅生姜、自家製にんにく正油、自家製激辛高菜)

  

こってり濃厚な「とんこつラーメン」だけじゃない、自分の好みに合わせた味を楽しめる「無鉄砲 東京中野店」。
沼袋周辺に来られた方は、ぜひ一度訪れて見てください!

 

無鉄砲
所在地 中野区江古田4-5-1
営業時間 11:00~15:00、18:00〜23:00
定休日 毎週月曜日(月曜祝日の場合は翌火曜日)
電話番号 03-5380-6886
アクセス 西武新宿線「沼袋駅」より徒歩8分

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。