こってりだけどすっきり!豚骨醤油系ラーメン「野方ホープ中野本店」

西武新宿線「野方駅」から徒歩10分、中野区の環七通り沿いにあるラーメン店「野方ホープ 中野本店」。「すべての人に最高のラーメンライフを」をモットーに、1988年の創業から30年以上、この場所で営業を続けています。

野方ホープのラーメンの特徴は、普通の豚骨醤油でも背脂ラーメンでもない、豚骨、鶏、野菜の美味しさが複雑に調和したトリプルスープと、香味野菜の香り立つ醤油タレです。このスープと豚の背脂をたっぷりと持ち上げることができる中太ちぢれ麺を使ったラーメンは、「こってりだけどすっきりと食べることができ、病みつきになる絶妙なバランス」といった声と共に評判を集め、今では区外からも多くの人が訪れる人気店となっています。

野方ホープのメニューは「元 (はじめ)」タイプと、「濃(こく)」タイプの2種類のスープがベースとなっています。またそれぞれのメニューで背脂の量を「こてこて」「こってり」「ふつう」「あっさり」「あぶらぬき」と五段階から選ぶことができます。

こってりだけどあっさりの醤油とんこつラーメン「元(はじめ)」(850円/税込)背脂は「ふつう」

こちらが、こってりだけどあっさりな醤油とんこつラーメンの「元 (はじめ)」(850円/税込)。背脂がたっぷり降りかかった豪快なスープの見た目とは裏腹に、後味はあっさりという繊細で絶妙なバランスの味わいが楽しめます。

たっぷりのった野菜もシャキシャキ!

歯応えのある中太麺にスープがしっかり絡み、つるつると口に運ばれていきます。また、チャーシューは肉の味を最大限に引き出すために中心温度を管理し良質な肩ロースをじっくりと焼き上げ、特製ダレに漬け込んだという自家製で絶品です。

深みとコクの、魚介だし入りとんこつ「濃(こく)」(930円/税込)背脂は「ふつう」

こちらは「濃 (こく)」(930円/税込)。「元(はじめ)」をベースに、香りと深みを与えるマー油と、味の複雑さと深いコクをもたらす辛味噌、そしてスープをさらに力強いものとする魚介だしを加えた野方ホープのもう一つの看板メニューです。

食べ応えのある中太ちぢれ麺。「麺大盛り」「ごはん」は無料です

野方ホープは現在本店を含め都内で9店舗展開。それぞれのお店に「限定メニュー」が存在するのですが、ここ野方本店では「うまから麺(950円/税込)」と「あぶらいす(380円/税込)」を提供中。

えびの風味を加えた「辛いけれどまろやか」な「うまから麺」も、辛いもの好きな方には是非一度味わってもらいたい一品です。

えびの風味も加わった「辛いけどまろやか」な「うまから麺」(950円/税込)

中野本店限定メニューの「あぶらいす(380円/税込)」。ラーメンと一緒にガッツリ食べたい人におすすめ

区内外から多くの人が訪れる環七通りの人気ラーメン店「野方ホープ中野本店」。
ラーメン好きな人なら、是非一度訪れてみることをおすすめします。

野方ホープ 中野本店
所在地 中野区野方2-58-4
アクセス 西武新宿線「野方駅」より徒歩10分
電話 03-3387-2886
営業時間 11:00~翌4:00(L.O.翌3:30)
年中無休(年末年始休みあり)

★公式サイトはコチラ

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。