毎日でも食べたい!濃厚な魚介豚骨ラーメン「麺屋はし本」

JR中央線中野駅と西武新宿線新井薬師前駅。中野通り沿いのちょうど二つの駅の中間に位置するラーメン屋さんが「麺屋はし本」です。

白い看板とのれんが目印

はし本のおすすめは「辛味らー麺」(850円/税込)。食券を渡すときに「辛味は別で」とお願いすれば、唐辛子が別皿で提供されます。最初はベーシックなラーメンを楽しめて、さらに辛さも調節できる店主イチオシの注文です。

辛味らー麺(850円/税込)※写真は辛味を別でお願いしています

とろりとした見た目のスープに、黄色いストレートタイプの麺。スープは口当たり柔らかといった印象で、見た目ほど強いとろみもなく、豚骨と魚介の旨味が濃い味わいながらもさらっと食べられてしまいます。飲み込んだ後の香りもよく、余韻も楽しめる一杯です。

麺はプリプリの食感!香りもよく、魚粉の香るスープとよく合います。ほろほろの大きく分厚いチャーシューや甘めのメンマも、スープと具材にぴったりのおいしさ。シャキッとほんのり甘いネギも良いアクセントに。

マレーシアの唐辛子「チリパディ」はビリッと辛い!

辛味らー麺に使用されているのはマレーシアの唐辛子「チリパディ」。ビリッと辛いので少しずつ足していってちょうど良い味を見つけてください。一杯でも十分お腹がいっぱいになると思いますが、量が少し物足りないといった方には「チャーシューご飯」や「明太子ご飯」などのご飯ものも用意されています。

店内はカウンターのみ

店内はカウンターのみ。店主は一人で調理もすべておこないながら、お店のすみまで気を配っていて、紙エプロンやヘアゴムも用意されているなど、居心地のよいお店を作ってくれています。

女性には嬉しいヘアゴムも用意されています。

そんな気配り上手の店主・橋本さんにお話を聞くと、とても気さくに答えてくださいました。
「カウンターのゆずこしょうは、辛味を足す前に入れるのがおすすめ。スープの味がさわやかになりますよ。麺が長いのもどんぶりがちょっと小さいのもうちの特徴。冷めにくいように小さいどんぶりにしているんです」
「子どもも安心して食べられるよう、化学調味料は使いません。はし本は開店したときからずっと中野。もし仮にお店が移転しなくてはならない!となっても…次も中野がいいですね!」

濃厚な旨味とさらっと食べ切れる後味の軽さは、明日もまた食べたくなる味。中野を訪れたらぜひ食べてみてください。

麺屋はし本
所在地 中野区新井1-25-4
電話番号 03-3386-0550
営業時間 11:30〜18:00、土曜日は11:30〜17:00※売り切れ次第終了
定休日 日曜日、第3月曜日
アクセス JR中央線「中野駅」北口から徒歩8分、西武新宿線「新井薬師前駅」から徒歩10分
★お店のtwitterはコチラ

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。