訪日観光客消費者ホットライン-Consumer Hotline for Tourists-

※See below for the English version.

独立行政法人国民生活センターでは、日本を訪れた外国人観光客が安心して旅行を楽しめるよう、日本滞在中に消費者トラブルにあった場合に無料で相談できる電話相談窓口「訪日観光客消費者ホットライン」を開設しています。
外国人観光客の方が、販売店や飲食店、交通機関、宿泊施設などとの間で、消費者トラブルにあったら、こちらまでご相談ください。また、身近なところでお困りの外国人観光客の方がいらっしゃいましたら、ご案内ください。

訪日観光客消費者ホットライン

受付時間

平日10時から16時(土日祝日、12/29~1/3を除く)

電話番号

03-5449-0906
※通話料金がかかります。

対応言語

英語、中国語、韓国語、タイ語、ベトナム語、日本語

具体例

例1:商品を購入したが、壊れていた
例2:飲食店で著しく高額の請求があった
例3:レンタカーで高額な修理代を請求された
例4:ホテルの部屋が予約内容と違っていた

▼詳しくは、独立行政法人国民生活センター公式ホームページをご覧ください。
http://www.kokusen.go.jp/tourists/index.html

チラシ

以下、英語によるご案内です。


Consumer Hotline for Tourists (NCAC)

The Consumer Hotline for Tourists offers telephone consultation that overseas visitors to Japan can use without charge if they experience consumer issues while visiting Japan. Feel free to call this hotline if you encounter consumer issues involving stores, restaurants, bars, transportation, or lodging during your visit.

Reception time

Monday through Friday 10:00 a.m. – 4:00 p.m. (closed weekends, national holidays, and Dec. 29 – Jan. 3)

Telephone number

03-5449-0906
* Standard call rates to the call center will apply.

languages

English, Chinese, Korean, Thai, Vietnamese, Japanese

Examples

Case1: A product you purchased was broken.
Case2: You were charged an exorbitant amount at a restaurant or bar.
Case3: You were charged high repair costs for a rented car.
Case4: Your hotel room was not what you had reserved.

Click here for details▼

http://www.kokusen.go.jp/tourists/index.html

Flyer: English Ver.