安房国司祭 やわたんまち

2015.08.31 UP

投稿者:

祭_やわたんまち02resize
鶴谷八幡宮の秋祭りは、千年余りの伝統を誇る安房地方で一番大きいお祭りで、「やわたんまち」と呼ばれています。
この神社は昔、安房国の総社で、国司自らお祭りを催したことから、「安房国司祭」の名がつけられ、現在、千葉県無形民俗文化財に指定されています。
19日(土)は、順次10社の神輿が着御し、もみ・さしを繰り返す「神輿振」の勇姿を後仮宮に納めます。20日(日)は、4基の御船と出祭10社の神輿が還御。八幡宮の神輿は、昔の名残の放生会を執り行うため八幡の浜に神幸されます。
2日間に渡る勇壮な祭りは、10万人の人出で賑わいます。

開催日:9月19日(土)~9月20日(日)
会場:鶴谷八幡宮、市内各所
時間:9月19日 13:00~16:00頃(鶴谷八幡宮)10社神輿が順次着御
         9月20日 14:45~16:30頃(鶴谷八幡宮)5台の山車・御船が宮入~退出
                         17:00~21:00頃(鶴谷八幡宮)10社の神輿が順次還御、
                         鶴谷八幡宮神輿のお浜出
                         18:30~20:30頃(JR館山駅前)5台の山車・御船が、
                         館山駅前集結
※スケジュールは変更になる可能性もあります。
交通:JR内房線館山駅東口から徒歩約15分
問い合わせ先:鶴谷八幡宮社務所(0470-22-1258)

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事公開当時のものです。