あなたをダンディズムの世界へ誘う写真展開催「夜景おじさんVol.2」

オケタニ教授 写真展vol.2「夜景おじさん」が中野にて開催!

普通のおじさんたちが、夜景で撮影されると何故か格好良くなる!

「50歳以上、前日の散髪禁止、可愛げ優先」

そもそも気になりますよねぇ、このタイトル!!

Vol.2があるのだから、Vol.1もあったんじゃ?・・・もちろん、ありました。

そちらは写真集になっているそうなので、気になる方はぜひ!!

そして、何故、オケタニ教授は夜景でおじさんを撮り始めたのでしょう?

オケタニ教授によれば、

「夜景で女性を撮るための練習として男性を撮影してみたら、あれ?男の方が面白いんじゃない?」

と、男性と夜景の組み合わせの面白さに気付いたそう。

今個展の見所は、ゲスト展示「あの人が撮る夜景おじさんが見たい!」のコーナーにおいて、青年失業家で夜景おじさん60号(←夜景おじさんはヒーローの様にそれぞれ〇〇号と呼ばれている)の田中泰延さんと第151回芥川賞を受賞された作家・柴崎友香さんのお二方の撮る夜景おじさん。

実際に夜景おじさんの写真を何枚か拝見して、ひょっとしたらダンディズムってある特別な男性だけが持っている才能の様なものなんかじゃなく、人ぞれぞれ生きてきた証、あるいは、年輪の様にじんわりだけど確実に刻まれ、影の様に纏わりついてくるその人の味わいのことなのかも知れないと感じました。そして、それを、夜が後押ししてくれているのだと。

自動販売機で飲み物を選んでいるだけなのに、この哀愁。

もの思いにふけるおじさん。

こちらの写真展、7月22日から約一か月間開催されています。みなさんもよかったら訪れてみてはいかがでしょうか。

ダンディズムの境地へいざ。

 

オケタニ教授写真展Vol.2「夜景おじさん」
2019年7月22日(月)から8月23日(金)開催
入場無料
開催場所 ケンコー・トキナー本社(中野区中野5-68-10 KT中野ビル)2階 サービスショップ内

 
オケタニ教授プロフィール

自撮りするオケタニ教授

 

写真家 、タレント。中野在住22年。

 

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事公開当時のものです。