日本の伝統文化を体験!「いけばな都古流」本部・家元教室

「いけばな都古流」生徒さんの作品

「いけばな」というと敷居が高いイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、いつでもどなたでも始められるいけばな教室が中野にあります。
「いけばな都古流(みやここりゅう)」本部・家元教室です。

教室は、中野駅から徒歩5分、1階に三田製麺所があるビルの5階にあり、教室からは中野駅北口、中野サンプラザなど中野らしい風景が見渡せるのも魅力です。桜の時期には中野通りの桜並木を上から眺められとても綺麗です。

窓から見える中野の風景(撮影時:春)

 

こちらの教室では、いけばなの古典型である「お生花」と、剣山や花瓶にお花をいける「自由花」のお稽古があり、家元の空瓢堂(くうひょうどう)小林 一阿彌(こばやし いちあみ)さんが基礎から丁寧に教えてくださいます。取材当日は4名の生徒さんが真剣にお花と向き合っていらっしゃいました。

小林一阿彌 家元

 

 
こちらは、お生花の様子です。「天地人三才」(てんちじんさんさい)の型となっており、檜葉(ひば)や櫨(はぜ)といったまっすぐに伸びた枝を折らないように曲げて行くのも技術の一つとのこと。お生花の場合、2時間半がお稽古の時間の目安です。


こちらは自由花の様子です。花器もお花の色も夏らしく涼しげです。同じお花を使っても人それぞれ違う作品になりますね。自由花の場合、1時間がお稽古の時間の目安です。


こちらの教室は、小学生から通うことができるので、お子様にもお勧めです。また、働いていらっしゃる方のために木曜日は21時までお稽古可能、体験も出来ます。体験についてはコチラをご覧ください。海外からお越しの方も是非とのことですが、日本語のみでのお稽古となります。

ぜひ中野で日本の文化に触れてみてください。

都古流いけばな 本部家元教室
住所 〒164−0001 東京都中野区中野4−2−13 中野北口富士ビル5階
TEL:03-3387-2978
★公式サイトはコチラ

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事公開当時のものです。