傘のシェアリングサービス「アイカサ」中野区内で続々設置!

カーシェアリングならぬ「傘」のシェアリングサービスをご存知でしょうか。
2019年9月22日から西武新宿線の全ての駅に、株式会社Nature Innovation Groupが提供する傘シェアリングサービス「アイカサ」が設置されました!

筆者は、突然の雨の日にビニール傘を買ってしまう性分で、家の傘置き場がいっぱいになってしまいます。ビニール傘の消費本数は日本だけで年間約8000万本になるそうです。
この「アイカサ」を利用すれば、突発的な雨にもビニール傘をわざわざ購入せずに、アイカサを借りて利用し、雨が止んだ際には最寄りの傘スポットに返却することができる為、雨の日を快適に過ごせそうで、何よりエコで気になるサービスです!

早速、西武新宿線の沼袋駅に偵察に行ってまいりました。

こちら、沼袋駅の南口改札前になります。
改札の外に設置されているので、電車を利用される方以外も利用可能なようです。

全部で6本。思ったより大きくてしっかりした傘


使用方法は簡単のようです。
まずは、LINEの友達追加をします。

 


画像引用元/アイカサ公式サイトより




ちなみに、中野区内の設置状況はこのような状況でした。


西武新宿線は綺麗にアイカサマークが並んでいます。

中野駅から最寄となると、中野マルイやマルイ本社さんにも設置されているようです。

中野マルイのエントランス右側にもアイカサ

 本数は11本でした。もしかしたら数本既にシェアされているのかもしれません。

傘の柄(え)のとこにバーコードと暗証番号がついていました。

実は、沼袋駅には黒い傘しかなかったのですが、中野丸井にはこんな柄の傘があったので気になって調べてみました。

なにやらカラフルな柄を予感させます。

すると、「アイカサ」と本社を中野に置く「丸井グループ」がコラボレーションして、オリジナルデザインの傘を提供しているそうです!中野区民としては嬉しいですね!

「そばへ」とのコラボレーションデザイン

2019年3月に公開された丸井グループのオリジナルアニメーション「そばへ」の柄になっており、「そばへ」に登場する主人公は雨が苦手、ある出来事から雨の美しさに気づくまでの一日を描いているそうです。
今回のコラボレーションは、『お客さまに雨の日を楽しく、快適に、便利に過ごしていただきたい』という「そばへ」と「アイカサ」の共通理念のもとに実現されたとのことです。

★関連記事はコチラ

 


今後ますますアイカサの設置スポットが増えてくると思われます、皆様の雨の日が快適でハッピーになりますように!!

★アイカサ公式サイトはコチラ 

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事公開当時のものです。