【特集】中野で初詣に行こう!2021

一年の始まりに、やっぱり行っておきたいのが“初詣”。
今回は初詣におすすめの、中野区内のお寺や神社をピックアップします。

各寺社の、コロナ禍の中での参拝方法も合わせてご紹介。新年を新たな気持ちでスタートしましょう!

※記事は2020年12月20日時点の情報です。最新情報は各寺社へお問い合わせください。

梅照院(新井薬師)

「新井薬師前駅」から徒歩6分、「中野駅」から徒歩15分の場所にある「真言宗豊山派新井山梅照院」通称新井薬師です。鎌倉時代末期に新井の里を訪れた沙門(僧)が草庵を結び、夜毎、梅の古木が光り輝く現象が起こり、調べるとご尊像(梅照院ご本尊薬師如来、如意輪観音の二仏一体)が現れました。国内でも極めて珍しいこのご尊像を祀る御堂が梅照院の始まりです。
江戸時代、二代将軍秀忠公の娘・和子(後の東福門院)がこの地の清水に触れ、祈願した後、重篤な眼病が寛解した奇跡を起こしたことから「目の薬師」と呼ばれ、第五世玄鏡が如来の啓示を受け、小児薬を調合し、多くの子供たちを救ったことから、「子育て薬師」とも呼ばれています。
あらゆる病気の治癒、様々な願いの成就にご利益があるとして、多くの方々から篤く信仰されており、地元の方にも愛されるお寺です。

2021年の初詣は、護摩祈願法要、厄除け、除夜の鐘、梵焼会がございます。
参拝時にはマスクの着用をお願いします。

★詳しくは、梅照院ホームページをご覧ください。

新井天神北野神社

学問の神様を祀る新井天神北野神社。

学問の神様としても名高い菅原道真公と、日本神話で五穀をつかさどる食物の神「保食神(うけもちのかみ)」が祀られている「新井天神北野神社」。JR・東京メトロ「中野駅」の北口より徒歩約15分、西武新宿線「新井薬師前駅」南口より徒歩約8分という2路線からアクセス可能です。
新井天神北野神社は、学問や芸能、商売繁盛に御利益があるとされています。まもなくやってくる受験シーズンに向け、試験を控えている方は学業の神様をお祀りする「新井天神北野神社」へ行くと良いかもしれませんね。

また、2021年の初詣は、参拝時にマスクの着用をお願いしています。

★新井天神北野神社について詳しくはコチラ

  

鷺宮八幡神社

静かに佇む「鷺宮八幡神社」

西武新宿線の「鷺ノ宮駅」から徒歩2分というアクセスの良さも魅力の「鷺宮八幡神社」は、中野区内においては唯一、江戸幕府より御朱印(7石余)を寄進された由緒正しい神社です。第15代天皇である応神天皇を祀っており、応神天皇と同一とされる八幡神(やはたのかみ・はちまんしん)は全国の武家から武運の神様として長年信仰されてきました。そのため、勝運、厄除、家内安全、家運・社運隆昌などのご利益があるとされています。

2021年の初詣は参拝時にマスク着用をお願いしているほか(境内近くにマスク着用でない方は境内に入れませんという看板が設置されます)、おみくじやお札などの授与所前に消毒用のアルコール自動霧噴射が設置されます。

★鷺宮八幡神社について詳しくはコチラ

  

多田神社

静かな雰囲気の多田神社の境内。

東京メトロ丸ノ内線「方南町駅」から徒歩7分という立地にある「多田神社」は、文武両道に秀でた源満仲を祀っています。御祭神である満仲は鬼退治で知られる源頼光や、鎌倉幕府初代将軍の源頼朝、弟の義経をはじめとする河内源氏を築いた源頼信の父としても知られています。また、満仲は農耕拡大にも寄与したとされており、文武両道に秀でた御祭神として参拝者にご利益をもたらしてくれます。

2021年の初詣は分散参拝のほか、授与所や昇殿参拝の際は手指消毒をお願いします。

★多田神社について詳しくはコチラ

  

沼袋氷川神社

 沼袋氷川神社の御祭神の須佐之男命は厄除けで知られています

さまざまな厄難・悩み・不幸から身を守って下さる厄除けの神様として知られている須佐之男命(スサノオノミコト)が御祭神として祀られている「沼袋氷川神社」。西武新宿線「沼袋駅」の北口から徒歩約3分で行けるパワースポットとしても人気です。
参拝すると厄除け、開運、家内安全、火災除け、商売繁盛、病気平癒などのご利益があるとされており、そのほかにも3回撫でると安産のご利益があると伝わる「子育て狛犬」や、手を触れると願いが叶うとされる「三本願い松」が有名。

2021年の初詣は、分散参拝のほか、マスクの着用をお願いしています。

★沼袋氷川神社について詳しくはコチラ

 

中野氷川神社

赤を基調とした中野氷川神社の美しい拝殿。

赤を基調とした拝殿が美しい「中野氷川神社」は、須佐之男命(スサノオノミコト)、稲田姫命(クシナダヒメのみこと)、大己貴命(おおなむちのみこと)が御祭神として祀られています。JR中央線「東中野駅」から中野坂上方面へ歩いていくと、11分ほどで到着。同神社は旧中野村の氏神のため、氏子の人々の家内安全や社運隆昌、商売繁盛、個人の祈願などを行っています。

2021年の初詣は、御祈祷などは全て予約制とし、祭事に関しては入場規制や人数制限などを行う予定です。

★中野氷川神社について詳しくはコチラ

  

江古田氷川神社

落ち着いた雰囲気の江古田氷川神社の境内と本堂。

1460年に創祀と伝えられており、500年以上に渡り江古田村の鎮守社として江古田を見守り続けてきた「江古田氷川神社」。素戔嗚尊(すさのおのみこと)を祀っており、厄除、家業繁栄のご利益があるとされています。落ち着いた雰囲気の境内と本堂が印象的な神社なので、参拝すれば清々しい気持ちで新年を迎えられることでしょう。

2021年の初詣は、参拝時にマスクの着用をお願いしています。

★江古田氷川神社について詳しくはコチラ

 

初詣は前年への感謝を捧げたり、新年の無事と平安などを祈願したりするなど、日本人の私たちにとってなじみ深い行事の1つ。2021年の初詣は感染対策をしたうえで、3密を避けるために分散参拝をお願いします。ぜひ中野区内の神社・仏閣へ足を運んで、新しい年のスタートを切ってください。

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。