常に一歩先を行くものを、陶芸・中村拓哉さん

小さな頃からもの作りに興味があった中村拓哉さん。小学校のころから図工や美術の授業を楽しみにし、将来はもの作りの世界を覗いてみたいと考えていたそうです。「陶芸にもブームがあるが一過性のものでしかないためブームに乗らないようにしている」と語る中村さん。お客さんが魅力的に思うものをどうすれば作れるかを常に考え、かつ一歩先を行くものを作る中村さんの作品をぜひご堪能してください。

中村拓哉さんプロフィル
高等専門学校卒業後京都の造形芸術大学へ進学
卒業後京都の陶芸工房で修行
その後東京へ戻り陶芸家へ
「中野区伝統工芸展」
伝統工芸展は区内在住の伝統工芸職人が匠の技を実演し、使う程に美しさと愛着の増す工芸品の魅力の数々を紹介する催しです。毎年6月上旬に開催されています。
「中野区伝統工芸保存会」は、中野区在住の伝統工芸職人の団体。長年、伝統の技術を守り続けてきた16業種26人の会員で構成されています。